こんな時どうする?こまったらまずは弁護士に・・・交通事故や慰謝料や・・・

2015年02月20日

目撃者を確保してから交通事故の慰謝料で弁護士に相談

もし、交通事故が発生した際に近くに目撃者がいるなら、連絡先を教えてもらうなどをして、しばらく経ってからも連絡できる様にしてもらうといいらしいです。


当事者ではない目撃者の証言というのは証拠になりやすいそうです。交通事故の慰謝料で相手と揉める様な事があった場合には、弁護士に相談する人もいますが、先に目撃者を確保してから相談すると、よりスムーズに進む事もある様です。


しかし、目撃者がいないケースも多々あり、その場合には、自分できちんと弁護士に交通事故の状態を説明し、次に慰謝料などの相談する必要があるでしょう。慰謝料のトラブルには注意して、弁護士に依頼する労力や手間がかかっても頑張っていい結果を目指したいですね。

posted by バッグ at 13:32| 交通事故の相談