こんな時どうする?こまったらまずは弁護士に・・・交通事故や慰謝料や・・・

2015年02月23日

交通事故で精髄損傷

ラッキーであれば無傷の場合もありますが、交通事故で精髄損傷を負う事もあり、その場合にはかなり重症な場合もある様です。精髄損傷と言っても箇所や症状というのは人により違うそうですので、きちんと相手に慰謝料を請求したいですね。


理解できない、もしくは受け入れられない時は、精髄損傷を負う交通事故の相談を弁護士へ持ちかける事もできます。


しかし、この種の相談を受ける弁護士というのはこの様に医学の知識も時として必要になる場合があります。交通事故の問題であればなおさらではないでしょうか。知識が十分にある弁護士に相談するのであれば、的確にそして素早く対応してくれる事でしょう。

posted by バッグ at 09:15| 交通事故の相談